不倫・浮気(不貞行為)の和解書・公正証書などの文例 | 慰謝料や相手方からの謝罪【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

離婚・婚姻費用・不貞行為(不倫・浮気)など

下記はほんの一例です。文例・書式は随時追加しています。

ご相談の際には、行政書士が直接、内容証明・協議書・契約書・示談書・公正証書などの実際の書類の作成例を使って分かりやすくお応えしています。

公正証書等の文例:浮気・不倫(不貞行為)の慰謝料

不倫相手に不貞行為を認めさせるとともに、以後は配偶者との連絡・接触等をしない旨の誓約をさせ、かつ、慰謝料とともに公正証書作成にかかる費用を分割で支払ってもらう場合の公正証書等

(謝罪及び誓約)

第○条 乙(不倫相手)は甲(本人)に対し、甲の配偶者である当事者外○○○○(以下「丙」という。)と長期に亘り交際し、丙の不貞行為の相手方として同行為(以下「本件不法行為」という。)を継続的に繰り返していたことを心から謝罪するとともに、今後、丙との連絡・接触等を一切断つことを誓約する。

(慰謝料・債務承認)

第○条 乙は甲に対し、下記債務の合計金○○円の支払義務があることを認める。

(1)本件不法行為に基づく慰謝料金○○万円也

(2)本件公正証書作成等に要する下記費用の合計金○○円也

・公正証書の作成に際し公証役場に支払うべき費用

・公正証書の作成手続きを行政書士博多駅前総合法務事務所に委任したことに伴い同事務所に支払うべき報酬

(弁済)

第○条 乙は甲に対し、前条の債務金○○円を平成○年○月から平成○年○月まで、毎月○日(銀行休業日の場合はその前営業日)限り、月額金○○円宛て、甲の指定する銀行口座(○○銀行○○支店・普通預金・口座番号○○・口座名義:○○)に振り込んで支払う。振込手数料は乙の負担とする。

2 乙は甲に対し、前項支払金額にかかわらず、支払い可能な限りにおいて増額して支払うものとする。

  • 公正証書を作成することにより、相手方が上記の慰謝料等を約束どおりに支払わなかったとしても、即座に強制執行(給料等の差押え)を行い、慰謝料等の回収を図ることができます。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内