認知(胎児認知を含む)と養育費などの契約書・公正証書の文例【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

認知と養育費・出産費用

下記はほんの一例です。文例・書式は随時追加しています。

ご相談の際には、行政書士が直接、内容証明・協議書・契約書・示談書・公正証書などの実際の書類の作成例を使って分かりやすくお応えしています。

公正証書等の文例:認知と養育費

胎児の認知をした後に、出生後からの養育費の支払いを約束する公正証書等

(認知)

第○条 甲は、平成○年○月○日、乙の胎内にある子(平成○年○月○日ごろ出産予定、以下「丙」という。)の胎児認知の届出をした。

(養育費)

第○条 丙が出生したときは、甲は乙に対し、丙の養育費として、丙が出生した日の属する月から丙が満20歳に達する日の属する月まで、毎月○日(銀行休業日の場合はその前営業日)限り、月額金○○円宛てを、乙指定の銀行口座(○○銀行○○支店・普通預金・口座番号○○・口座名義:○○)に振り込んで支払う。振込手数料は甲の負担とする。

  • 公正証書を作成することにより、相手方が上記の養育費を約束どおりに支払わなかったとしても、即座に強制執行(給料等の差押え)を行い、養育費の回収を図ることができます。
胎児を認知することを前提に、出生後からの養育費の支払いを約束する公正証書等

(認知)

第○条 甲は、乙の胎内にある子(平成○年○月○日ごろ出産予定、以下「丙」という。)を認知することとし、乙はこれを承諾する。甲は、出産後速やかに認知の届出をする。

(養育費)

第○条 丙が出生したときは、甲は乙に対し、丙の養育費として、丙が出生した日の属する月から丙が満20歳に達する日の属する月まで、毎月○日(銀行休業日の場合はその前営業日)限り、月額金○○円宛てを、乙指定の銀行口座(○○銀行○○支店・普通預金・口座番号○○・口座名義:○○)に振り込んで支払う。振込手数料は甲の負担とする。

  • 公正証書を作成することにより、相手方が上記の養育費を約束どおりに支払わなかったとしても、即座に強制執行(給料等の差押え)を行い、養育費の回収を図ることができます。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内