離婚協議書・離婚公正証書の文例 | 養育費(ボーナス月、大学卒業までの支払い)【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

離婚・婚姻費用・不貞行為(不倫・浮気)など

下記はほんの一例です。文例・書式は随時追加しています。

ご相談の際には、行政書士が直接、内容証明・協議書・契約書・示談書・公正証書などの実際の書類の作成例を使って分かりやすくお応えしています。

公正証書等の文例:養育費

毎月一定額の養育費の支払いを約束する公正証書

(養育費)

第○条 甲(夫)は乙(妻)に対し、丙(子)及び丁(子)の養育費として、平成○年○月から丙及び丁がそれぞれ満20歳に達する日の属する月まで、毎月○日(銀行休業日の場合はその前営業日)限り、一人につき月額金○○円宛てを、乙指定の銀行口座(○○銀行○○支店・普通預金・口座番号○○・口座名義:○○)へ振り込んで支払う。振込手数料は甲の負担とする。

  • 子どもが20歳になるまでの毎月の養育費の支払いを約束してもらうことができます。
    • 子どもによって20歳になる時期は異なりますので、養育費の金額については一人ずつ決めていきます(上記の文例では「一人につき」の部分です)。
毎月一定額の養育費の支払いに加え、ボーナス月に増額してもらう場合の公正証書等

(養育費)

第○条 甲(夫)は乙(妻)に対し、丙(子)及び丁(子)の養育費として、平成○年○月から丙及び丁がそれぞれ満20歳に達する日の属する月まで、毎月○日(銀行休業日の場合はその前営業日)限り、一人につき月額金○○円(同期間中の○月と○月は各金○○円を加算する)宛てを、乙指定の銀行口座(○○銀行○○支店・普通預金・口座番号○○・口座名義:○○)へ振り込んで支払う。振込手数料は甲の負担とする。

  • 子どもが20歳になるまで、毎月定額の養育費に加え、ボーナス時の増額払いの支払いまで約束してもらうことができます。
胎児の養育費の支払いを約束する公正証書等

(養育費)

第○条 甲(夫)乙(妻)間の胎児(平成○年○月○日ごろ出産予定、以下「丙」という)が出生したときは、甲は乙に対し、丙の養育費として、丙が出生した日の属する月から丙が満20歳に達する日の属する月まで、毎月○日(銀行休業日の場合はその前営業日)限り、月額金○○円宛てを、乙の指定する金融機関の口座(○○銀行○○支店・普通預金・口座番号○○・口座名義:○○)に振り込んで支払う。振込手数料は甲の負担とする。

  • 子の出生前であっても、胎児の段階から出生後の養育費の支払いについて約束を締結しておくことができます。
大学・専門学校などを卒業するまでの養育費の支払いを約束する公正証書等

(養育費)

第○条 <第1項の表示 省略>

2 甲(夫)は乙(妻)に対し、前項の支払い終期の時点において、丙(子)又は丁(子)が大学等高等教育機関に在籍しているときは、引き続き当該子の養育費を支払うこととし、これを前項の終期の翌月から同子が同大学等を卒業する月まで、毎月○日(銀行休業日の場合はその前営業日)限り、一人につき月額金○○円宛てを、前項の口座に振り込んで支払う。振込手数料は甲の負担とする。

  • 子どもが大学や専門学校等を卒業するまでの毎月の養育費の支払いを約束してもらうことができます。
子どもの進学・入学や事故・病気などにかかる費用の支払いを約束する公正証書等

(養育費)

第○条 <第1項の表示 省略>

2 丙(子)及び丁(子)の進学・入学や事故・病気などといった特段の事由により特別な費用を要する場合は、甲(夫)乙(妻)が協議して定めた必要費用を、甲と乙がそれぞれ半額ずつ負担するものとする。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内