株式会社設立・法人のメリット(事業に失敗しても個人の財産を守れる、有限責任)【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

会社設立・法人成りのメリット

事業に失敗しても個人の財産を守れる

個人事業の場合は、事業用の財産や債務も事業主個人のもの

個人事業の場合には、事業に使っている預金や不動産などの財産は、たとえ事業用であっても「事業主個人の財産」になります。

また、同様に事業のための借入金やローンも「事業主個人の債務」になり、事業主が最後まで責任をもって返済しなければなりません。

会社の場合は、会社と事業主個人の財産や債務は別物

会社の名前で契約を結ぶことができる」の項目で、会社は法人として、会社の名前で物を買ったり、銀行口座を開いたりローンを組んだりすることができるということを説明しました。

当然会社の名前で購入した財産や預け入れた現金、ローンなどの名義も会社の名前になります。

事業主個人の財産や債務とは明確に区別されますので、将来、事業主個人に破産や死亡、離婚といった万が一の事態が生じても、事業用の財産を事業主個人の債務の弁済や相続、財産分与に回すといった事態を回避できます

事業に失敗しても会社の場合は有限責任

また、会社と事業主の財産・債務が明確に区別されていることは、会社での事業が失敗した場合にも有効です。

個人事業の場合は、事業上の借入金などの債務についても事業主個人の名義になるため、事業に失敗した場合には一文無しになるまで、この債務を弁済しなければなりません。これを無限責任といいます。

一方、会社の事業で借入金などの債務がある場合、その債務の名義は「会社」になり、事業主個人とは関係ありません(ただし、事業主が借入金の連帯保証人となっている場合などを除きます)。

そのため、会社での事業が失敗した場合でも、債務の弁済は原則として会社に提供したお金(出資金)の範囲内で行えばよいことになり、私財をはたいて弁済する必要はなくなります。これを有限責任といいます。

有限責任の場合には万が一事業に失敗した場合でも、会社に提供したお金が返ってこないだけで、全財産を失うことはありません。この「万が一の場合でも個人の財産を守れる」ということは、会社を設立する大きなメリットの一つです。

ポイント

  • 個人事業の預貯金などの財産、借入金などの債務は事業主個人のもの。
  • 会社の財産や債務と、事業主個人の財産や債務は明確に区別される。
  • 事業に失敗した場合、個人事業は無限責任、会社の場合は有限責任。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内