株式会社設立の手続(類似商号・公証役場の定款認証・法務局の登記申請)【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

会社設立・法人成りの手続き(株式会社)

会社設立・法人成りのフローチャート

会社設立・法人成りを決めたならば、いよいよ会社設立の手続きに入っていきます。

会社設立に際しては、「商号・目的などの会社設立時に決めるべき事項」の項目で見た、商号(会社名)・目的(事業内容)・決算日などの事項を決めて、これらを会社の憲法である「定款」に記載し、法務局に登記します。

会社設立までの流れを図にすると以下のようになります。登記までの準備に1週間、登記申請を行ってから法務局にて登記完了するまでに1週間の合計2週間程度かかりますので、余裕をもって設立手続きを行いましょう。

行政書士にご相談ください

当事務所では、商号や目的・決算日などをスムーズに決め、会社設立手続きを迅速に進めることができるように「株式会社設立チェックリスト」をご用意しています。難しく考えることなく、会社設立・法人成りを行うことができるように、このチェックリストを使用しご相談・打合せを進めてまいりますので、お気軽にご相談ください。

会社設立・法人成りのフローチャート

商号や目的などの会社の基本事項と発起人・取締役候補者を決めます。
  • 発起人・取締役の候補者は印鑑証明書が必要になりますので準備しておきます。
  • 法人が発起人になる場合は、法人の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)も必要です。
商号(会社名)が決まったら、類似商号の調査を行います。
  • 法務局やインターネットタウンページの検索などで調査します
会社の実印を作成します。
  • お店にもよりますが、即日できる場合もあれば、3日~1週間かかる場合もあります。
定款を作成し、公証役場で定款認証を行います。
  • 上記1で決めた商号や目的などを記載した定款を作成し、公証役場に持参して認証を受けます。
    • 会社設立の手続きをご依頼の場合は、当事務所が公証役場に定款を持参し認証を受けます(お客様に公証役場までご足労いただくことはありません)。
    • 当事務所にご依頼の場合は、電子定款認証に対応していますので収入印紙代4万円は不要となり、会社設立費用の節約ができます。
資本金を発起人名義の口座に振り込みます。
  • 定款認証を行った日以降に振り込まなければなりません。
  • 振込口座は、発起人の個人名義の口座になります。
設立登記申請書などの書類を作成し、法務局にて登記申請を行います。
  • この登記申請日が会社の設立日となります。
新会社の設立完了
  • 上記6の登記申請日からおおむね1週間後、法務局にて登記が完了し、新会社の設立となります。
    • 会社設立手続きの完了後、会社名義の銀行口座の開設を行うために必要となりますので、登記が完了していることを確認できたらすぐに、新会社の「履歴事項全部証明書(登記簿謄本)」と「印鑑証明書」を取得します。

行政書士にご相談ください

当事務所では、会社設立の手続きをご依頼いただいた場合、そのコンサルティングから、上記1~7までのすべての手続きを提携司法書士とともに行っております。お客様に書類を作成していただいたり、公証役場や法務局にご足労いただくようなことはありませんので、お気軽にご相談ください。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内