会社設立 | 電子定款の作成、絶対的記載事項(商号・目的・本店所在地)【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

会社設立・法人成りの手続き(株式会社)

定款を作成する

定款は会社の運営基盤となる規則で、会社の「憲法」ともいえるもの

定款は、会社の目的・商号・本店所在地などといった基本事項から、株主総会の開催方法や取締役の選び方・決算日などの会社の運営方法を記載した書類で、会社はこの書類に従って事業を行っていくこととなります。

「会社の機関をどうするか」「取締役の任期を何年にするか」「決算日をいつにするか」などといった、会社の判断で決めることができるルールをこの定款に記載して、以後はそのルールに従って会社を運営していくことになります。

この定款は、各々の会社がそれぞれの判断で作成するルール、いわば「その会社独自の憲法」ともいえる存在です。なお、記載事項には下記の絶対的記載事項相対的記載事項任意的記載事項の3つがあります。

絶対的記載事項は5つ

以下の5項目は、定款に必ず記載しなければならない項目になります。これを記載しないと定款としては成立しないことになります。

相対的記載事項として記載すべき事項

相対的記載事項とは、記載しなくても定款として成立しますが、決めておきたいと考えるのであれば定款に記載しなければならないもので、以下のような事項が該当します。

任意的記載事項として記載すべき事項

任意的記載事項とは、定款以外の規程に記載しても決めることができますが、定款に記載して決めることもできるというもので、以下のような事項が該当します。

ただし、定款に記載してしまうと、変更する場合には定款変更の手続きが必要となります。

定款作成のポイント

  • 定款は、会社の運営上の基本規則となる「会社の憲法」。
  • 絶対的記載事項は、定款に必ず記載しなければならない項目。
  • 相対的記載事項は、決めておきたいと考える場合には定款に記載する必要がある項目。
  • 任意的記載事項は、定款で決めても他の書面で決めてもよい項目。

行政書士にご相談ください

  • 当事務所では、定款の原案作成から公証役場での認証手続きまですべて行っておりますので、お気軽にご相談ください。
  • 当事務所では、電子定款認証に対応しています。
    • 電子定款認証に対応していますので、定款認証時の収入印紙代4万円が不要となり、会社設立費用の節約ができます。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内