会社設立 | 電子定款の作成方法、公証役場での電子定款認証【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

会社設立・法人成りの手続き(株式会社)

公証役場で定款認証を行う

定款は3通作成し、発起人の実印を押印する

定款ができたら、間違いないかを再度確認し印刷します。定款は、「公証役場での保管用」「法務局に提出する登記用」「会社での保管用」の3通が必要となります。

印刷が終われば、紙などで袋綴じにし、発起人の実印を押印します。

定款・印鑑証明書・実印を持参して公証役場で定款認証を行う

押印が終わったら、以下のものを持参して公証役場で定款認証を行います。

  • 定款3通
  • 押印した実印の印鑑証明書
  • 押印した実印そのもの
  • 公証人の認証手数料5万円
  • 収入印紙代4万円(電子定款認証の場合は不要)

なお、公証役場は、設立する会社の本店所在地と同じ都道府県内であれば、どこの公証役場でもかまいません。

行政書士にご相談ください

  • 会社設立の手続きをご依頼の場合は、当事務所が代理人として公証役場に定款を持参し認証を受けます(お客様に公証役場までご足労いただくことはありません)。
  • 当事務所では、電子定款認証に対応していますので、定款認証時の収入印紙代4万円は不要となり、会社設立費用の節約ができます。

定款認証が終わったら、2通の定款を受け取る

公証役場での認証は、内容に問題がなければすぐに完了します。

定款認証が完了すると、「法務局に提出する登記用」「会社での保管用」の2通の定款が返却されますので、これを受け取ります。

公証役場での定款認証のポイント

  • 定款は3通作成し、発起人の個人の実印を押印する。
  • 電子定款認証の場合は、定款認証時の収入印紙代4万円が不要になる。
  • 公証役場は、設立する会社の本店所在地と同じ都道府県内であれば、どこの公証役場でもかまわない。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内