会社設立 | 資本金払い込みの手続き、資本金の払い込みがあったことの証明書【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

会社設立・法人成りの手続き(株式会社)

資本金の払い込み

定款認証が終わったら資本金を払い込む

定款の認証が終わったら、次は資本金の払い込みを行います。発起人等の間で確認した資本金額を発起人の口座に払い込みます。

なお、この払い込みは振込みにより行いますが、この振込みは、定款認証日以後に行います。振込みの日付が認証日前になっていると、再度振込みをしなければなりませんので注意が必要です。

振り込む際は、誰が振り込んだのか、振込んだ発起人の名前が通帳に表示されるように振込まなければなりません。

資本金の払い込みに使用する口座

口座については、発起人名義の口座であれば、普段使用している生活口座やその他の用途で使用している口座であっても、問題ありません。しかしながら、家計と事業を区別する意味でも、口座を新規に開設することをお勧めします。

発起人が一人の場合

発起人が一人の場合は、発起人が資本金額にて自分名義の個人口座を新規に開設したり、すでにもっている自分名義の個人口座に振り込む方法により行います。

発起人が二人以上の場合

発起人が二人以上の場合は、発起人の代表(発起人総代)が資本金額にて自分名義の個人口座を新規に開設し、他の発起人が出資金を自分の口座から、発起人総代の口座に振り込みます。

通帳のコピーと「資本金の払い込みがあったことの証明書」の作成

資本金の振り込みがすべて終わったら、通帳をコピーします。コピーする部分は、振込みについて記載されているページと、口座の名義が分かる部分(通帳の表紙とその見返し)になります。

資本金の払い込みが終わったら、「設立時発行株式数」「払い込みを受けた金額」を記載した「資本金の払い込みがあったことの証明書」を作成し、上記の通帳のコピー3枚をこの証明書と一緒にホッチキスで綴ります。そして、ホッチキスで綴った境目に、会社の代表者印で割印し完成となります。

資本金払い込みのポイント

  • 振込みは、必ず定款認証日以後に行う必要がある。
  • 資本金は、発起人の口座に発起人の名前が分かるよう振込む。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内