株式会社設立の登記申請について、必要書類・登録免許税・会社代表者印の印鑑登録【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

会社設立・法人成りの手続き(株式会社)

会社設立の登記申請を行う

登記申請に必要な書類等

登記申請に際しては、以下の書類等が必要になります。必要な書類等が準備できたら、いよいよこれらの書類等をそろえて、設立する会社の本店所在地を管轄する法務局にて登記申請を行います。

  • 設立登記申請書の一式
    • 設立登記申請書
    • 収入印紙貼布台紙
    • 定款
    • 設立時取締役の選任決議書
    • 本店所在地決議書
    • 取締役就任承諾書
    • 資本金の払い込みがあったことの証明書(通帳のコピーと綴じて割印)
    • 取締役全員の個人の印鑑証明書
  • 登記事項の別紙(OCR用紙)
  • 印鑑届出書
  • 印鑑カード交付申請書
  • 登録免許税(収入印紙代)

なお、収入印紙の消印・万が一の訂正のために、個人の実印と会社の代表者印も持参しましょう。

登録免許税について

登記申請の際には、登録免許税を納付します。納付方法は収入印紙または現金の2種類がありますが、収入印紙での納付が一般的で簡単です。収入印紙は法務局で購入することもできます。

登録免許税の金額は、設立する会社の「資本金の額」に「1,000分の7」という税率をかけて計算される金額になります。ただし、その金額が15万円に満たないときは、申請件数1件につき15万円となります。

  • 設立する会社の資本金の額が2,142万8,571円までは、登録免許税の額は一律15万円になります。

法務局にて会社設立の登記申請を行う

上記のすべての書類がそろったら、設立する会社の本店所在地を管轄する法務局にて登記申請を行います。

登記申請を行った日が、会社の設立日となり、登記されます。また、登記日から1週間程度で登記完了となり、この日から登記簿謄本などが取得できるようになります。提出の際には、登記完了の予定日を確認しておきましょう。

会社代表者印の印鑑登録を行う

登記申請の際には、作っておいた会社代表者印の印鑑登録もあわせて行います。

印鑑の大きさは、一辺1~3センチ以内のもので、印影が鮮明で照合可能なものになります。

また、同時に印鑑カードの交付申請書も作成します。今後、会社の代表者印の印鑑証明書を取得するには、この印鑑カードが必要になります。後日申請することもできますが、手間を省くためにも印鑑登録と同時に申請しておきましょう。

登記申請のポイント

  • 登記申請時には、最低15万円の登録免許税が必要。
  • 登記申請を行った日が「会社の設立日」となる。

行政書士にご相談ください

当事務所では、会社設立の手続きをご依頼いただいた場合、設立登記申請につきましても提携司法書士にて行っております。お客様に書類を作成していただいたり、法務局にご足労いただくようなことはありませんので、お気軽にご相談ください。

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内