任意後見のしくみ・利用する場合の手続き・注意点・記載事項【福岡の行政書士による無料相談】

行政書士博多駅前総合法務事務所 無料相談受付

相続・遺産分割・生前贈与など

行政書士による無料相談 : 財産管理・任意後見など

ご相談の一例

  • 介護している親の財産管理を楽にできるようにしたい。
  • 「財産管理の委任契約」をすれば、その日からご自身のみで親の銀行預金を引き出して親のために使うことができ、財産管理が今より容易になります。さらに「任意後見契約」まですれば、たとえ親が認知症になったとしても同様のことが行えます。これらの公正証書の実物を使ってその手順をご説明します。
  • その他にも以下のようなご相談にお応えしています。
  • 任意後見       
  • 財産管理・委任契約  
  • 死後事務       
  • 尊厳死        

任意後見制度のしくみ

任意後見制度を利用できる人

任意後見契約の締結能力があるかどうかの判断

知的障害者や精神障害者の親が任意後見を利用するには

任意後見人になることができる人

複数の任意後見人や法人を任意後見人に選任する場合の注意点

任意後見契約を利用する場合の手続きと注意点

任意後見契約の記載事項

将来の判断能力の低下に備える場合の契約

無料相談のご予約・お問い合わせ

無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご予約・お問い合わせ

 無料相談のご案内